ファーウェイ、6月6日にライカの「SUMMILUX」レンズ搭載の新機種を発表の模様

ファーウェイが6月6日にライカ製レンズを搭載した新モデルを発表するようです。

ただ、ライカ製レンズといってもHuawei P9やMate 9などに搭載されていた従来のものとはことなるものの模様です。

201706021610

白状すると私は最初なんのことだかサッパリわかりませんでした。

が、Twitter上の情報ではこれは「SUMMILUX」を指しているとのこと。

「SUMMILUX」とはライカのレンズの種類の1つ。

こちらの記事を参考にさせてもらったのですが、ライカのレンズはF値によって名前が付けられているようで:

F1.4 SUMMILUX (ズミルクス)
F2.0 SUMMICRON (ズミクロン)
F2.8 ELMARIT (エルマリート)
F3.5以上 ELMAR (エルマー)

という感じになっているようです。

つまり、このHuaweiの新型スマホが実際にズミルクス・レンズを搭載ならば定義上はF値がF1.4になるということになります。

そして基本的にはF値が小さいとたくさんの光を取り込めるため、速いシャッター速度で撮影が可能、つまり「明るいレンズ」と言われます。

ちなみに私の知っている限りではスマートフォンのカメラで一番F値が低いのはGalaxy S8/S8+などでF1.7。Xperia XZ PremiumはF2.0。

つまり、F1.4はスマホ史上初、ということになります。

それにしてもこの時期にリリースされる新機種ってなんでしょうか。

ハイエンド機種であることは間違いなさそうですが、タイミング的にはhonor 9でしょうか?

ただ、前モデルのhonor 8のカメラがライカ・レンズ非搭載だったことを考えると可能性は低いような気もします。

ひょっとしてスマホ装着型の別売りレンズだけ発表、なんてことはないですよね・・・・