Huawei P9 Liteでディスプレイ・ガラスの歪み不具合。ガラスフィルムが浮く問題が多発中

201607131735

先月Huaweiが発売したSIMフリー機種「Huawei P9 Lite」。

LINEの通知問題など、チョット気になる不具合報告はあるものの、この価格帯の機種としては全体的な評判は上々ですね。

ただ、このP9 Liteで気になるハード不具合の報告が挙がっています。

具体的にはディスプレイ下部のガラスに歪みがあり、そのため、ガラスフィルムを貼ると浮きができてしまうというもの。

価格.com2ちゃんねるなどで複数の報告が挙がっている状況。

ガラスフィルム側の不良かとも思われたのですが、「Qoosea」、「GTO」、「ラスタバナナ」など複数のアクセサリーメーカーのガラスフィルムで症状が報告されていることから、やはり端末のディスプレイ・ガラス面になんらかの歪みがある模様。

なお、発生範囲としてはブラックでの報告例がほとんどなので、カラーバリエーション依存の問題である可能性もあります。

また、ブラックでも交換扱いとなったケースでは交換品では問題なくフィルムが貼れるという報告もあります。

よって、初期ロットなど一部ロットだけで発生している現象かもしれません。

Huawei側もちゃんと修理・交換対応をしてくれてはいるようですが、当然、一度貼ってしまったガラスフィルムの保証まではしてくれません。

なので、同問題が気になる方はフィルムの浮き報告の改善が確認できるまでは購入を控えたほうが良さそうです。

コメント

  1. 黒犬 より:

    同じ初期不良を引いて、Huaweiの修理を受けましたのでご報告まで。
    フリーダイヤルでHuaweiのコールセンターに問い合わせ後、カスタマーセンター(銀座)に宅配便着払いで送付。発送から修理返送までは5日、費用はかかりませんでした。
    同封の修理完了報告書では「内部部品にわずかな歪みがございましたので、調整致しました」との事です。

    問い合わせ時、「ガラスフィルムは修理時破棄される」との説明でしたが、症状が分かる様に添付したまま送付したところ、修理後に貼り直されて帰って来ました。ガラスフィルムが無駄になる事を懸念される方はご参考まで。(全ての修理で同様の処置がされるとは限りません)