Huawei P20シリーズ3モデルの価格がリーク、P20 Proの価格はMate 10 Pro以上で10万超え必至

3月27日にパリで正式リリース発表されることが判明しているファーウェイのP20シリーズ。

Huawei P20、P20 Pro、P20 Liteの3モデル展開となる同シリーズですが、どうやらヨーロッパでの価格が判明した模様です。

有名リーカーのRoland Quandt氏からの価格情報で、これによるとそれぞれの値段は:

Huawei P20 = 679ユーロ(約8.9万円)
Huawei P20 Pro = 899ユーロ(約11.7万円)
Huawei P20 Lite = 369ユーロ(約4.8万円)

とのこと。

ちなみに前モデルに相当するP10シリーズの価格は:

Huawei P10 = 649ユーロ
Huawei P10 Plus = 699/799ユーロ
Huawei P10 Lite = 349ユーロ

うーん、P20 Proの価格の高さが目立ちますが、P20 “Pro”とP10 “Plus”を一概に比較することはできません。

ただ、ヨーロッパではHuawei Mate 10 Proの発売当初の価格は799ユーロだったので、今回のP20 ProはMate 10 Proさらに高くなるということになります。

ちなみに日本でのMate 10 Proの価格は89,800円(税別)でした。

もし日本でもこのP20 Proが同じような比率で価格がされるのであれば税抜きで10万円前後、税込みでは10万円超え必至、という事になりまそうですね。

コメント

  1. C より:

    ZenFone 5zで十分なのにこんなの買うとか信者でしょ

  2. さとー より:

    HUAWEI>>ASUS なのは間違いないのだから、
    Zenfoneとは比べられない。

    Zenfoneは、基本的にスペック倒れな面が多い。

  3. PCパーツの名無しさん より:

    着々とASUS化してきたな

  4. スマホスキー より:

    本気でこの価格で販売する気なのか?どんなに頑張っても
    トップブランドではなく2流ブランドだよ?高すぎるよ。
    HUAWEI>ASUSかもしれないけど、ドングリの背比べだね。

  5. 草真 より:

    そもそもHuaweiは格安メーカーじゃない。
    日本市場はSIMフリーでのシェアを確実に取るために他の市場より安く販売していた。
    スマホ全体の価格が上がりつつある中では、妥当な価格設定だろうと思う。
    ただ、Huaweiは端末の種類も多い。
    nova lite 2のように名前を変え、今までのお買い得感のある端末も出してくると思う。
    P20系列はフラッグシップだから今後は他の市場と同じような価格路線でいくのではないだろうか。