Huawei P20 LiteがFCCを通過、2900mAhバッテリーを搭載

ファーウェイが3月後半に正式発表する予定のHuawei P20シリーズ。

この下位モデルとなるHuawei P20 Liteが米国の認証機関FCCを通過した模様です。

ANE-LX1という型番で、有名リーカーのRoland Quandt‏氏によるとこれは”ANNE”のコードネームで知られているHuawei P20 Liteに該当するとのこと。

また、このP20 Liteは2900mAhバッテリーを搭載し、デュアルSIM仕様。

ただ、スロットの1つはmicroSDスロットを兼ねているとのことです。

また、WiFiの対応周波数は2.4GHzのみのようです。

同機種の前モデルとなるHuawei P10 Liteは2017年に国内でリリースされたSIMフリーモデルではおそらくトップを争う人気機種。(いまだに価格.comでは人気No.1です)。

このP20 Liteも国内で発売されることはほぼ確実だと思われますが、いかんせん、国内向けのPシリーズのリリースはかなり遅め。

早くても夏頃でしょうか。