Huawei P10 LiteとP9 Liteのスペック比較、最大の違いはストレージ容量とWiFi

201703021603

MWC 2017で正式発表されたHuawei P10およびP10 Plusの兄弟機種となるHuawei P10 Lite。

まだ公式な発表はされていませんが、その存在は確実で、オランダのオンラインストアなどではすでに予約が開始されている模様。

同機種のスペックについては先日もお伝えしましたが、今回さらに詳細なスペック情報が掲載されていたので、前モデルとなるHuawei P9Liteとの比較をしてみたいと思います。

Huawei P10 LiteとHuawei P9 Liteのスペック比較

 Huawei P10 LiteHuawei P9 Lite
ディスプレイ5,2インチ LCD
1920×1080
CPUKirin 658 2.1Ghz
オクタコア
Kirin 650 2.0Ghz
オクタコア
メモリ4GB3GB
ストレージ容量32GB16GB
メインカメラ12MP f/2.213MP f /2.0
フロントカメラ8MP
USBmicroUSB
WiFi802.11a, b, g, n ac802.11a, b, g, n
BluetoothBluetooth 4.
バッテリー容量3100mAh3000mAh
サイズ?146.8 x 72.6 x 7.5 mm
重量142g147g
カラーバリブラック、ゴールド、ホワイト
搭載OSAndroid 7.0Android 6.0.1

CPUがアップグレードされるのはある意味当たり前。

ただ、RAMの増量もそうですが、ストレージ容量が32GBに増えたのは大きいですね。

また、地味ながら大きなスペックアップ点としてはWiFiの対応周波数。ローミッドレンジには珍しく、802.11 acに対応しています。

また、サイズは不明ですが、バッテリーが微増している一方で重量は5グラム軽量化されています。

ちなみに前回もお伝えしたとおり、少なくともオランダでのP10 Liteの価格はP9 Liteよりも1~2割アップとなっています。

やはりストレージ容量の増量とWiFiの対応周波数拡大がコストアップにつながっているようですね。

ソース

コメント

  1. 宮澤 隆治 より:

    無印 P9 Lite のRAMは2GBですね。
    PREMIUMは3GBですが。

  2. より:

    適当な記事書くなぁ