Huawei P10のベンチマークスコアが初スポット。スコアはMate 9より若干低め?

ここ最近、立て続けにスペック情報やらレンダリング画像などがリークされ、MWC 2017でリリース発表されることも正式に確定しているファーウェイのHuawei P10。

この次期フラッグシップモデルのベンチマークスコアがGeekbench上で初観測されました。

201702141238

この“VTR-L09”がHuawei P10であることは以前確定しており、CPUチップの名称は記載されていませんが、クアッドコア+ARMv8 @ 1.84 GHzはHuawei Mate 9と同じチップ、よって、 Hisilicon Kirin 960で間違いないと思われます。

メモリについては先日、P10には最大8GB RAMが搭載という情報もありましたが、今回のものに関しては4GB RAMとなっています。

一方スコアについてはまだ計測結果がこの一つだけなので誤差は非常に大きいと思いますが、5000点台後半となっています。

同じCPU搭載でも6000点台前半を安定して出すMate 9と比べると若干スコアが落ちるのかもしれません。