Huawei P10 Lite、バッテリー持ち比較ではP9 Liteから大幅劣化、他機種との比較でも最低水準

昨日ファーウェイが正式発表、9日より発売されるHuawei P10、P10 Plus、P10 Liteの3兄弟。

前シリーズのP9同様に、やはり注目度が高いのは廉価モデルのHuawei P10 Liteなようですね。

気になるパフォーマンスについては前モデルのP9 Liteから大きくアップしていることはコチラの記事でも紹介しましたが、バッテリー持ちについてはちょっと気になる結果がでていました。

201706062032

GSMArenaによるバッテリー評価ではHuawei P10 Liteの電池持ち評価は62h。

201706062034

一方、前モデルのHuawei P9 Liteの電池持ちは76hとなっており、P10 LiteとP9 Liteでは2割以上もバッテリー持ちに差がある、ということになります。

内訳をみると、大きく差が出ているのは動画再生時間。

P10LiteとP9Liteはスクリーンサイズもバッテリーサイズも同じなので、バッテリー持ちに大きな影響を与えるとすればCPUの違いでしょうか。

ちなみに以下は主要Huaweiモデルのとの比較一覧:

通話ブラウジング動画再生電池持ち
Huawei P10 Lite18:29h10:27h9:15h62h
Huawei P1018:36h11:47h12:27h75h
Huawei P10 Plus20:25h10:41h12:27h76h
Huawei P9 Lite15:20h11:51h10:58h79h
Huawei P914:53h9:15h8:46h75h
Huawei P9 Plus18:55h9:23h10:11h69h
honor 818:17h10:40h8:56h70h
Huawei Mate 919:23h14:17h11:26h82h
Huawei Nova28:03h11:05h9:41h84h

P10 Liteの電池持ちは最近のHuaweiスマホの中でも最低水準。

Huawei P9 Liteが国内で人気となった背景には単に価格の安さだけではんく、バッテリー持ちのについての高評価も理由だっという印象を受けます。

よって、そういった意味でこのP10 Liteの低バッテリー評価はかなりマイナスになりそうですね。