Kirin 710搭載のHuawei Nova 3iが存在、ベンチマーク性能はNova 2/2 Liteの2倍

ここ最近で急にリーク情報が増えているファーウェイの新型スマホ、Huawei Nova 3

先日、CPUにKirin 970を搭載することが明らかになりましたが、この

nova 3の兄弟機にあたるHuawei Nova 3iの存在が明らかになりました。

このnova 3i、外見的にはnova 3と同じようですが、搭載チップはファーウェイの最新ミッドレンジ向けチップ、Kirin 710

また、nova 3のバッテリー容量が3750mAhなのに対し、このnova 3iでは3340mAhと一割近く少なくなっています。

また、メモリおよびストレージ容量もnova 3が6GB RAM+128GBなのに対し、nova 3iは4GB+128GB/6GB+64GBとなっています。(←このメモリとストレージの組み合わせはちょっと変なような気もします。)

ちなみにこのKirin 710の性能は:

ちなみに国内でも結構売れた・売れているという印象のHuawei Nova 2やNova 2 Liteに搭載されているCPUチップはKirin 659。

これと比較するとAntutuベンチマーク上でのKirin 71sim0の性能はKirin 659の約2倍となっています。

Huawei Nova 3は元々、Kirin 659あるいはKirin 710が搭載されると予想されていましたが、これはどうやら今回のnova 3iの方のチップだったようですね。