Huawei Mate 9、次期アップデートで10倍デジタルズーム機能搭載。12月セキュリティー・パッチとともに

201612251029

ファーウェイの最新モデル「Huawei Mate 9」。

昨日、新色「黒曜石ブラック」の投入についてお伝えしたばかりですが、今度は「新機能」が搭載されるようです。

デュアルレンズ仕様ののこのMate 9には「ハイブリッドズーム」と呼ばれる最大2倍のズーム機能が搭載されていますが、これとは別に10倍のデジタルズームも近々搭載されるとのこと。

GSMArenaが伝えたもので、これによると、海外版のMate 9「MHA-AL00C00B153」の一部には12月のセキュリティーパッチ配布を兼ねたファームウェア・アップデートの提供が開始。

このアップデートでは同時にカメラ機能にこの10倍デジタルーズムも追加されるそうです。

すでに搭載されている「ハイブリッドズーム」は20MPの画像から12MP分を切り出すことでによる擬似的なズームなので、ズームによる画質の劣化はありません。

一方、デジタルズームは当然画質は劣化します。

それでも10倍ズームというのはスゴいですね。

実際に10倍ズームでの撮影が必要な場面というのはあまり想像がつきませんが、Huawei、攻めてきますね。

コメント

  1. みなみ (@zrTVTZJsDkLroZe) より:

    こんにちは。
    Huawei mate9の購入を考え中の初心者です。
    Wi-Fiの5GHz帯の受信速度の低下が気になっているのですが、そのうちアップデートで改善されたりする可能性はあるんでしょうか?
    10倍ズームもいいけど、まずは普段問題なく使えることが一番なんでそこから更新して貰えるとスムーズに購入に踏み切れるのですが(^ω^;)