スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Huawei Mate 9のMVNO格安SIM・デュアルSIM運用する際の注意点まとめ

   


201612131242

ファーウェイの最新フラッグシップモデル「Huawei Mate 9」。

国内では16日に発売され。公式ストアではすでに売り切れるなど、かなり人気は高そうです。

この機種、ご存知のように、デュアルSIM仕様モデルなので、キャリアの通話SIMと格安SIMのデータプランの組み合わせといった利用法を想定している方も多いと思います。

名機種になりそうな予感ムンムンのこのモデルですが、良いことばかり書き並べるのは大手メディアさんにおまかせして、今回はデュアルSIM運用をする上で事前に知っておいたほうが良い注意点をまとめてみます。

Huawei Mate 9をデュアルSIM運用する場合の注意点まとめ

DSDAではなくDSDS

この機種はデュアルSIMデュアル・スタンバイ(DSDS)であって、デュアルSIMデュアル・アクティブ(DSDA)ではありません。

よって、両方のSIMで同時に待受はできますが通信はできません。

そんなこと知っとるわい!というお叱りの声が聞こえてきそうですが、わざわざ書いたのにはワケがあります。

というのも、こちらの記事ではMate 9は「DSDA対応」と書かれています。

201612131230

ただ、この元記事は後にDSDAは間違いでのちに「DSDS」に修正をしています。

201612131232

つまり、Engagetの記事のみを読んだ方、もしくは修正前の元記事を読んだ方は勘違いをしている可能性が高いと思われ、大事なことなのでもう一度。

Mate 9はDSDS、非DSDAです、ご注意を!

ドコモFOMA SIMは使えない

Mate 9はFOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)には非対応です。

通話用にドコモのFOMAシムを、データはMVNOの格安SIMでという組み合わせはかなり多いと思いますが、こういった方にはかなり大きなマイナス要素だと思います。

ちなみにこれはMate 9に限ったことではなく、Huawei機種共通のようです。

auおよびKDDI系MVNOの通話SIMは使えない

ご存知のようにauやKDDI通信網を使ったMVNOはCDMA2000という規格です。

この機種、スペック上では「CDMA2000」に対応となっていますがページ下に注意書きがあり、「CDMA2000はChina Telecomのみの対応」となっています。

つまり、UQモバイルやmineo(auのSIM)、 fiimoなどといったau回線を使用した格安SIMだと音声通話はできないということになります。

ただ、Mate 9はたまたま中国でのCDMA2000に対応しているというだけで、そもそもほとんどのSIMフリー機種はCDMA2000には非対応。

よって他機種と比較して特にマイナス材料ということではありません。

SIMスロット2は4G(LTE)通信不可

公式ページの仕様表をみると、Mate 9の通信方式は:

[SIM 1]
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

[SIM 2]
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

つまりSIM2スロットでは3G通信しかできないということになります。

4Gデータ通信が片方のSIMスロットでしかできないというのは非常に一般的ではありますが、Asus Zenfone 3など、どちらのSIMスロットでも4G通信が可能という機種もあります。

ただ、Asus Zenfone 3でもどちらかを4G通信設定にするともう一方のSIMスロットは自動的に3G通信設定になり、両方で4GのDSDSを行うことはできません。

そういった意味で実質的な違いはありませんが、SIMの入れ替えをせずに4GデータSIMを切り替えて使い分ける、という使い方はできないので、こういった使用方法を想定している方は要注意ですね。

VoLTE非対応

これはそのままなので、特に説明は不要でしょう。。。

FOMA SIMがX、au系通話SIMがX、そしてVoLTEもXということなので、一つのSIMスロットにデータ通信専用の格安SIM、もう一つのSIMスロットに通話専用SIMを挿入して運用するという場合、必然的に通話SIMはソフトバンク・Y!モバイルの通話SIMしか選択肢がない、ということになりますね。

 

 - Asus Zenfone 3, Huawei Mate 9, Huawei Mate 9 Lite, Huawei Mate 9 Pro, iiJmio SIM, SIMフリースマホ, 価格, 格安SIM・MVON SIM, 比較