Huawei Mate 20 ProはフレキシブルOLED搭載、BOEが生産

今年の秋頃にはリリースされるはずのHuawei Mate 20シリーズ。

この上位機種となるHuawei Mate 20 Proのディスプレイ仕様について興味深い新情報がリークされていました。

韓国メディアのETNewsが伝えたもので、これによるとHuawei Mate 20 Proに採用されるディスプレイはフレキシブルOLEDとなり、生産は中国のディスプレイメーカー、BOEが行うとのこと。

ただ、フレキシブルOLED=折り曲げ可能、というわけではないようなので、このMate 20 Proがいわゆる”フォーダブル・スマホ”になるわけではない模様。

むしろ、こちらのソースによると昨年のMate RSのような側面がカーブした感じのディスプレイに採用されるOLEDのようです。(ちなみにMate RSの湾曲ディスプレイはLG製だったとのこと)

ただ、本当にMate RSのようにディスプレイ縁がカーブしているだけならばわざわざスクリーンを「フレキシブル」にする理由はないような気がします。

この辺についてはまだ謎が多いので、続報に期待しましょう。