渦中のMate 9に新色、”レッド・アゲート”と”ブルー・トパーズ”の2色が追加で計8色展開に

搭載ROM(フラッシュメモリ)の詐称・混在問題で悪い意味で注目を集めているファーウェイのフラッグシップモデル、Huawei Mate 9。

同モデルに新しいカラーバリエーションが加わることが判明しました。

GIZMOCHINAが伝えたもので、今回加わるのはレッド・アゲート(赤瑪瑙)とブルートパーズ。(要は赤と青)

201705112108

201705112109

201705112110

ブルーは特にパッとしない感じですが、レッドはHuaweiスマホでは珍しい色でちょっと魅力的かも。

Mate 9の日本でのカラバリはシャンパンゴールド、ムーンライトシルバー、ブラックの3色ですが、海外ではこの他にもモカブラウン、ホワイト、グレーも展開されており、今回の2色を加えると合計8カラーのバリエーションということになります。

これら新色2色が日本に投入されるかは微妙ですが、まあ、してもあまり売れないような気はしますが。

ソース