Huawei Mate 10 Proでカメラ不具合、青空などで色が異なる線の入る「ブロック」現象が確認

先日国内でも発売されたファーウェイの最新モデル、Huawei Mate 10 Pro。

ファーウェイのSIMフリー機種としてはかなり強気な価格ですが、それなりに国内でも人気はあるようですね。

さて、そんなMate 10 Proですが、カメラ周りにちょっと気になる不具合報告が挙がってきています。

具体的には青空など、一色?の背景がある画像でその部分がブロック状にムラになるというもの。


ソース:価格.com

中央部分に色の濃くなった帯状のブロックがあり、何層かに重なっているようにも見えます。

この問題、国内での報告はまだこの価格.comの一件だけのようなので、特定条件下あるいは個体差かと思ったのですが、どうも違う模様。

といのもこの問題、気になったのでちょっと調べてみた所、有名カメラレビューサイトDXOMARKでも指摘されていることが判明。

The most serious issue is the blocking effect, which is regularly visible in areas of uniform color, particularly the sky.

同サイトによるとアーチファクトの問題のようなので、おそらくソフト的に修正が可能だとは思いますが、被写体によってはかなり簡単に再現す広範囲する問題ではないかと思われます。

なお、今のところこの件に関してファーウェイ側からのコメントなどはありません。

どこかのメーカーのようにカメラ歪みを「仕様です」と言い張って最後に修正、といったみっともないことは避けて欲しいですね。