Huawei Mate 10 Premium a.k.a “Pro”のスペックが判明、メモリは8GB RAM、Android 8.0.1搭載

ファーウェイが10月16日に公式発表するMate 10シリーズ。

このうちの”Mate 10 Premium”という未発表モデルがスマホ・データベース・サイトのPDADBに掲載されていました。

201709251725

一応展開市場の中に「日本」が含まれているので国内展開が期待できそう。

一方、これまでの情報によるとMate 10シリーズはMate 10 Pro、Mate 10、Mate 10 Lite、Mate 10 Plusの4モデル展開とのことで、Mate 10 “Premium”というモデル名が出てきたのはこれが初めて。

ただ、先日リークされたMate 10およびMate 10 Proのスペック情報と照らし合わせるとどうやらMate 10 Pro=Mate 10 Premiumということのようです。(正式名称がどちらになるのかは不明)

なお、今回の情報からわかるこのHuawei Mate 10 Premiumのスペックは:

・ディスプレイサイズ:5.9インチ

・ディスプレイ解像度:1080×2160 (9:18)

・スクリーン比率:77%

・CPU: Kirin 970

・サイズ:77.5 x 150 x 8.4 mm

・搭載OS: Android 8.0.1

・メモリ:8GB RAM (LPDDR4)

・防水防塵:P67

・メインカメラ:12MP x 2デュアルカメラ、f/1.60

・バッテリー容量:4200 mAh 

先日の情報ではMate 10 Proの画面サイズは6.0インチだったので若干ズレがあります。

ただ、5.9インチで4200mAhバッテリー搭載とのことなので、かなり電池持ちにも期待できそうです。