ファーウェイ、2Kの両面湾曲ディスプレイ端末を開発中

201509102156

中国のスマホメーカー、Huawei (ファーウェイ)が湾曲ディスプレイの新モデルを開発している模様です。

GSMArenaが伝えたもの。

これによると、この新機種はディスプレイの左右端がカーブしており、画面解像度は2K(2,560×1,440px)のSuper AMOLD。

サイズについては不明ながら、300万台分のパネル生産に入っているとのこと。

300万台と言えば相当な数なので、次期フラッグシップ機的な存在になると思われます。

デュアルエッジ・ディスプレイはGalaxy S6 EdgeやGalaxy S6 Edge+でおなじみだとは思います。

2KディスプレイでGalaxy S6 Edge+も同じ2Kディスプレイなので、他のスペックと価格次第では同機種の強力なライバルになりそうですね。