Android 8.0のウザい「バックグラウンドで実行中」通知をアプリを使わず非表示にする方法

Googleの最新OS、Android 8.0 Oreo。

国内ではまだXperia XZ1やXZ1 Compact、Nexusシリーズなど、一部の機種にしか搭載されていませんが、このAndroid 8.0でちょっとウザったい「仕様」についての不満が複数挙がっています。

具体的にはポップアップや通知バー上、ロック画面にAndroidシステムから「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」もしくは「〇〇がバックグラウンドで実行中です」という通知が頻繁に表示されるというもの。

これ、バッテリーやデータの使用量などを確認しやすいようにオレオで新搭載された機能なのですが、正直ありがた迷惑、と感じているユーザーも多い模様。

また、この通知は基本的な「正当法」の設定では非表示にすることができず、少々厄介。

「「Hide “running in the background” Notification」」というアプリを使用することでもこの通知を非表示にすることは可能なのですが、出来る限り余計なアプリは入れたくない、という方も多いはず。

そんな時は、以下の設定方法でこの「◯個のアプリがバックグラウンドで実行中です」通知を非表示にすることが可能です。

「バックグラウンドで実行中」通知を非表示にする方法

1.「設定」→「アプリと通知」→「アプリ情報」

2.右上の3ドット・メニューから「「システムを表示」を選択

3.「Androidシステム」を選択→「アプリの通知」

4.「バックグラウンドで実行中のアプリ」をタップ

5. 「重要度」を「中」→「低」に変更

6. 1画面戻って、「通知のカテゴリ」から「ロック画面」を選択

7. 「通知をすべて表示しない」を選択

これでウザいポップアップとロック画面上の「バックグラウンドで実行中です」は非表示になるはずです。

お困りの方は一度お試しください。