Goolgeの新サービス「フォト」の隠れた便利機能-写真の「半自動」削除

先日のGoogle I/Oにおいてサービス開始が発表されたGoogle「フォト」。

『Google+』のフォト機能を独立させたもので、1600万画素の画像、もしくは 1080pまでの動画なら無料で無制限にグーグルのストレージ上に保存できる、というかなり画期的な新サービスで、クラウド上でのフォトサービスとしては一気に人気が高まりそうですね。

また、顔認識や自動タグ機能などなど、保存した写真の管理もより簡単になっていますが、その他に地味に便利機能があることがわかりました。

私は勝手に「写真の半自動削除機能」と名づけましたが、要は端末内のストレージが不足してくると、端末内に保存されており、かつ、Googleの「フォト」サーバーにもバックアップしてある写真の端末からの削除を提案してくれる、という機能。
端末のストレージ容量が少なくなってくると、以下の様なカード通知が表示されます。

201506011315

今のところ、英語表示しかでないようですが、この「FREE UP SPACE」をタップすると、以下の様な画面がでます。

201506011317

この場合、端末内の写真を消せば506MBの空き容量ができます。
「DELETE COPIES」をタップすると、

201506011320

こんな感じの確認画面がでるので、もう一度「DELETE COPIES」をタップ。

今までも、Google+にバックアップ済みの写真を端末内から削除することは可能でしたが、その場合は、写真を一つづつ選択しなければならず、結構面倒でした。
そういった意味で、この新機能は地味ながら結構便利だと思います。