スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Google Play開発者サービス、最新アプデ後に深刻な熱暴走・異常バッテリー消費。発熱による破損の報告も。

   


201607081005

Google Play開発者サービスが最新のアップデート後にまたやらかしているようです。

具体的には、Google Play開発者サービスがバッテリー消費の大部分を占め、異常な発熱をするというもの。

これ、6月末にリリースされた最新バージョン、Ver.9.2.56が原因なようです。

開発者サービスの暴走は以前から何度もあり、正直「またか」という感じもしますが、今回はちょっと症状がひどい模様。

Playストアのレビュー欄には異常な発熱で端末自体が破損したという報告も。

熱暴走の後… 熱暴走が始まり、電池が猛烈に消耗され最後にはディスプレイが逝かれて交換となった。

Xperia Z5 早急に改善を求める!

これのせいで前のスマホがいかれた 早めに解決して欲しい。

正直★つけるまでもないくらいに最低、こんなアプリ入れるくらいだったらYouTubeを見ない方がましだ。

過熱で携帯が壊れました SC-02Cを使っていたのですが、バッテリーが半日ももたない状態に…。

過熱により携帯が壊れ、買い替えるハメになりました。私以外にも同じ症状が出ている方が多数いらっしゃるようですね。

他のアプリ使用で必須となる重要なアプリのはずなのに、リリース前にチェックもしていないのでしょうか…。壊れた携帯を弁償してもらいたいところです!

夏になって気温が上昇しているという外的な要因も重なっている部分はありますが、それにしてもちょっと深刻度が尋常ではないですね。


私の知る限り、アプリの暴走による発熱で端末が物理的に破損、というのは聞いたことがありません。

まだ比較的新しいXperia Z5でディスプレイが破損した方、本当に気の毒です。

場合によってはバッテリーが2,3時間でほぼゼロになるケースも報告されています。

アップデートする・しないの選択しがあるサードパーティーアプリならともかく、勝手にアップデートされた挙句にいきなり発熱・電池消費が激しくなるとうのはホント勘弁してほしいです。

なお、根本的な問題解決は次期アップデートを待つしかなさそうですが、一部では以下の方法で熱暴走や異常バッテリー消費が収まるケースも報告されています。

「問題が発生したため、Google Play開発者サービスを終了します」が多発する際の対処法。最新アップデートが原因?

Google Play開発者サービスが異常電池消費をする際の直し方・対処法

お困りの方は一度お試しください。

 - Android OS, Galaxy, Google Play開発者サービス, Xperia, Xperia Z5 SO-01H docomo, バッテリー異常消費, フリーズ・操作不能, 不具合, 勝手に再起動・電源落ち, 発熱・過熱