Pixel/Pixel XLに搭載のカメラ、Googleがソニーと共同開発したことが判明

201610061913

先日正式発表されたGoogle PixelとPixel XL。

カメラ機能の素晴らしさを一つのセールスポイントとしている同機種ですが、このカメラについて興味深い情報が出ていました。

recodeが伝えたもので、これによるとPixel/XLに搭載のカメラはGoogleとソニーモバイルが共同開発したとのこと。

ご存知のように、Pixelには12.3MPのソニー製センサー「IMX378」が採用されていることが判明していますが、同記事によると、Pixelに搭載のカメラはソフトウェアーがGoogleの独自開発なだけでなく、レンズの開発もソニーと共同開発したとのこと。

私が知っている限り、ソニーがカメラモジュールを他社と共同開発したという例はこれが初めてではないかと思います。

先日お伝えしたようにPixelのカメラはDXOMarkでトップ評価を獲得するなど、その性能については折り紙付き。

ちなみにこの「IMX378」はXiaomiのS821搭載最新モデル、Xiaomi Mi5sにも搭載されることが確定しています。

ということは、この機種のカメラ性能もかなり期待できそうですね。

コメント

  1. anonymous より:

    >ソニーがカメラモジュールを他社と共同開発したという例はこれが初めてではないかと思います。

    iPhone…。