Googleフォト、アプリ削除後も勝手に画像をアップロードし続けることが判明

201507141259

先日Google+から独立した写真アプリ「Googleフォト」がちょっとした問題となっているようです。

phoneArenaが伝えたもの。

この「フォト」アプリには、撮影した写真を自動的にGoogleのサーバーにバックアップする機能が搭載されています。

しかし、この機能をオンにした状態のままアプリをアンインストールをすると、その後も端末内に保存された写真がGoogleにバックアップされ続けてしまうことが判明。

これがプライバシー面で問題なのでは?と、海外でちょっとした話題になっているようです。

Googleフォトは考え方によってはただのフォトビューワーアプリです。

写真などのデータの同期を管理するのはGoogleアカウントである、という考え方をするのであれば、フォトアプリの削除=写真の同期解除とならないのもおかしいことではありません。

ただ、アプリからバックアップの設定が可能である以上、アプリの削除=サービスの停止と考えるのはごく一般的だと思います。

何も知らないと永遠に画像がGoogle側にアップデートされ続けるわけで、バックアップ設定を「元のサイズ」にしている場合などは、いつの間にGoogleアカウントの容量制限に引っかかってしまう、なんてこともあります。

また、バックアップ条件によっては気づかないうちにデータ通信で大量の写真をアップロードして、通信制限に引っかかる、なんてこともありえます。

なので、プライバシー問題とまではいかずとも、もう少し案内をしてくれてもいいような気はしますね。

ちなみに、何らかの理由でバックアップ機能をオンにしたままフォトアプリは削除してしまった場合は:

アプリの「Google設定」(通常の設定ではありません)→Googleフォトのバックアップ→オフに

これで、自動バックアップはキャンセルされます。

そういった意味で、問題はAndroid端末上ではこの「フォト」アプリ以外に画像の自動アップロードを解除する手段がない、という点。

あって、このアプリの削除のみで自動的にアップロードもキャンセルさせなければ