Google、エイプリルフールのネタ発表を5月1日に延期、「深刻なアイデア不足のため」

201703311915

今日、4月1日はエイプリルーフール。

毎年、複数の企業が趣向を凝らした「ウソ」で楽しませてくれていますが、Googleもそのうちの1つ。

昨年は「日本語入力 物理フリックバージョン」を発表し、かなり笑わせてくれましたGoolgeですが、どうやら今回はちょっと苦戦している模様。

 Loof LirpaがGoogleの関係者から得た情報として伝えたもの。

これによると、Googleは当初4月1日にリリースを予定していたエイプリルフールの内容のリリース時期を延期することを決定したとのこと。

また、当初はPixelの日本版発売をネタにする案も浮上したものの、これはさすがに長期間待たせた日本のユーザーに対してシャレにならない、という判断から廃案。

結果、事実上2017年版のエイプリルフールのプランが「暗礁に乗り上げた」とのことです。

なお、グーグルのCEO、サンダー・ピチャイ氏はこの件について「エイプリルフールはGoogleにとって最も重要な日。ただGoogleは現在、Pixelの供給だけでなく、エイプリルフールのアイデア面でも不足に直面している」と危機感を表明。

ただ、1ヶ月後の「5月1日にはiPhoneユーザーすらも驚かす『メイフール』を発表する」としています。