Googleが第二のAndroid OS「Brillo」を開発中。超ロースペック端末向け

201505211342
Googleが第二のAndroid OSともいえる新たなOSを開発している模様です。

9TO5Googleが伝えたもので、この新OSは「Brillo」という名称で、今月末のGoogle I/Oで発表される可能性が高いようです。

現在のAndroid OSは主にスマートフォンやタブレットなどといったモバイル端末に搭載され、最低でも512MBのRAMが必須となっています。

一方、この新OSはスマート家電やローパワー向け機器がターゲットで、32MB-64MB程度のメモリでも作動するOSだとのこと。
様々な明るさや色、タイマーのセットなどが可能な「スマートバルブ」や温度計など、小型のスマート機器で活躍が期待できそうですね。

ただ、今回の「Brillo」も最終的には「Android」ブランドの一部としてリリースされる可能性もあるようです。

ちなみに、ちょっと気になったので調べてみたところ、「Brillo」とは、アメリカで昔からある有名な食器洗いパッドの商品名のようです。
201505211345
日本でも見かけるスチールウールのスポンジ?のようなもので、これに予め洗剤が付いているそうです。