Google、Droid君のイタズラについて謝罪-Google Map上での小便ひっかけ事件で

201505220812
4月に起きたDroid君による「小便ひっかけ事件」、覚えている方も多いのではないでしょうか。

GoogleのAndroid OSのマスコット「Droid君」が、Google Map上のパキスタンであたりでアップルにおしっこを立ち小便して引っ掛けている姿が目撃されたというこの事件。
{ちなみに、今回悪さをしたのは正確にはDroid君ではなく、「Bugroid」というらしいです。)

こういったイタズラは他にも複数発生していたようで、「真犯人」は、地図編集ツール「Map Maker」を悪用した一部ユーザーだったとのこと。

Googleはこの事件を受け、一時的にこのツールを使用できなくしていますが、こんかい、一連の「事件」について謝罪をしています。
Google MapチームのJen Fitzpatrick氏が地震のブログに掲載したもので、要約すると:

Google Map検索で、一部で不快な画像などが表示される事象が発生しており、現在、対応中です。
これにより不快な思いをした方に対して心よりお詫び申し上げます。

まだ対応中とのことなので、完全にイタズラは消去されていない、ということでしょうかね。

個人的には「暇な人もいるもんだ」くらいにしか思いませんでしたが、人によっては「不快」に感じたのでしょうね。