Gmail、アプデ後にメール内リンクがChromeではなくSafariで開いてしまう+変更できない不具合が発生

201611131616

先日、iOS向けにリリースされたGmailアプリの最新アップデート、5.0.4。

大幅なデザインや仕様変更により様々な不満の声がでており、特にアプデ後に左右スワイプで前後のメールに移動ができなくなったという点についてはかなり改悪と酷評されています。

ただ、それ以外にもトラブルが報告されており、具体的にはGmail上のメール内にあるURLリンクを開く際にChromeではなくSafariが起動してしまう、というもの。

Safariがデフォルトで開くこと自体は不具合ではありません。

ただ、以前はGmaiアプリの左上にあるメニューアイコン(≡)→GoogleアプリからChromeを選択することでデフォルトアプリを指定することができたのですが、今回のアップデートでこの選択自体ができなくなっているとのこと。

AppleがGmail側に仕様変更を強制したのかな?とも思いましたが、それは違うようです。

こちらのフォーラムによるとこれは最新のGmailアプリでのバグで今後のアップデートで改善されるとのこと。

不便ではありますが、バグであれば仕方ありません。我慢して修正を待ちましょう。