Galaxy S8シリーズのディスプレイは5.7インチと6.3インチに。詳細サイズが判明

4月18日のリリースが濃厚なサムスンの次期フラッグシップ・モデル「Galaxy S8」および「Galaxy S8 Plus」。
(Galaxy S8シリーズは2モデルともカーブ・エッジになるため、機種名から「Edge」はなくなり、Galaxy S8とGalaxy S8 Plusという名称になると言われています。)

これらの新モデルの詳細なサイズが判明したようです。

201701160853

まず、Galaxy S8 Plusのサイズは152.38×78.51×7.94mm。S7シリーズでサイズの一回り大きいGalaxy S7 Edgeのサイズが150.9×72.6×7.7 mmなので、縦横幅、厚みともに増しています。

また、このGalaxy S8 Plusのスクリーンサイズは6.3インチとのこと。

ちなみにGalaxy S7 Edgeのディスプレイは5.7インチで、6,3インチと言えば過去のGalaxy Noteシリーズよりも大きくなります。

一方、Galaxy S8のサイズは140.14mmx72.20×7.30mmとのことで、Galaxy S7の142.4×69.6×7.9 mmよりも横幅は広くなっていますが、それ以外は小型化していますね。

201701160859

ただ、スクリーンサイズは5.7インチとS7無印から0.6インチもアップしています。

ちなみに、これは湾曲したエッジ部分のスクリーン面積を含まないサイズだそうで、実際にこの部分を入れるとスクリーンサイズはもう少し大きくなるとのこと。

2.5Dガラスあるいは湾曲エッジによるベゼルの極細化や指紋認証センサーの画面埋込み式は今後、主流になって行くのでしょうかね。

ソース