Galaxy S6 Edgeの「エッジ」は便利?見掛け倒し?-「カッコイイからイイんじゃね?」が大半

201504060856
サムスンの最新機種の「Galaxy S6 Edge」。
国内でもドコモかauから夏モデルとして発売される可能性が高いようですが、この機種の売りはなんといっても端末両側面にかけて湾曲した「エッジ」ディスプレイです。

そんな湾曲ディスプレイについて、phoneArenaがアンケートを行っていました。

「Galaxy S6 Edgeのカーブ・ディスプレイは便利?それとも見掛け倒し?」という質問で、回答結果は以下の通り。

201504060848
「便利」と答えているユーザーはごく一部で、機能性という意味ではあまり期待されていないことが明らかですね。
ただ、半分近くが「分からない。でも、クール」と回答しており、機能性とは別に、とにかく「カッコイイからいいんじゃね?」と好意的な印象を持っていることが伺えます。

確かに、私も過去のギャラクシー機種は実績のあるアンドロイドスマホであることは認めつつも、どうしてもそのデザインが好きになれず、避けてきました。
ただ、今回のGalaxy S6 Edgeは、むしと側面ディスプレイの機能性はあまり問題ではなく、デザイン的に面白いかな、と思えます。

日本では政治的な問題もあり、サムスン機種を避ける傾向が顕著なので、また違った動向になるとは思いますが、少なくとも、おもいっきり不発だったS5などよりは売れるような気もします。