Galaxy S9のベンチマークスコアが初スポット、Exynos 9810搭載で性能はS8から2~3割アップ

2018年前半にリリースされることが確実なサムスンの次期フラッグシップモデル、Galaxy S9。

この未発表Galaxyのものと思われる機種がGeekbench上で発見されました。

SM-G960Fという型番で、今までのモデル番号のパターンからしてこれがGalaxy S9に該当することは確かだと思います。

一方、搭載CPUチップはSnapdragonではなくExynos 9810

スコアはシングルコアが2680でマルチコアが約7800

Exynos 8895搭載のGalaxy S8やS8+、Note 8などはシングルコアのスコアが1900ポイント大の中盤、マルチコアが6400前後です。(S835搭載版は1800/6000程度)

よって、Galaxy S8/S8+よりもベンチマーク上ではこのGalaxy S9は2~3割は性能がアップしている、ということになります。