Galaxy S9とGalaxy S9+の最大の違いはカメラ、詳細な仕様の違いが判明

2月末の2018 MWCで正式リリース発表されることが確実なサムスンの新型フラッグシップ、Galaxy S9とGalaxy S9+。

これら最新Galaxy兄弟のカメラ周りの詳細なスペックが明らかになりました。

韓国メディアからの情報をphoneArenaが伝えたもの。

これによると、まず、Galaxy S9のカメラは12MPのシングルレンズながら光学手ブレ補正(OIS)を搭載。

さらにF1.5/F2.4の可変絞りを搭載し、ユーザーが被写体や環境によって選ばる仕様になっているとのことのこです。

ちなみにこの技術は中国のみで展開されている同社のフリップ型スマホ、Samsung W2018ですでに採用されています。

一方、Galaxy S9+は今までの情報どおりの12MP+12MPのデュアルカメラを搭載ですが、F1.5とF2.4の異なるレンズを搭載。2つのカメラで同時に撮影することが可能とのことです。

これにより、広角画像やズーム撮影だけでなく、複雑な距離や奥行に対しても対応した高画質な写真をとることができるようです。
(ハイ、正直、技術的な仕組みは理解していません)

なお、フロントカメラは両モデルとも8MPで虹彩認証機能も搭載。

また、詳細は不明ですが、両モデルのカメラともスローモーション撮影にも対応しています。

カメラ周り以外のスペックとしては、Galaxy S9のディスプレイサイズは5.77インチ、Galaxy S9+は6.22インチ。

RAMはS9が4GB、S9+が6GBでバッテリー容量はそれぞれ3000mAhと3500mAhとのことです。

Galaxy S8/S8+ではカメラ周りの仕様は全く同じでしたが、S9/S9+ではこの部分で差別化を図ったといった感じ。

なかなかスゴいカメラになりそうでかなり楽しみですね。