Galaxy S9とS9+のほぼ公式360°レンダリング画像がリーク、S9のカメラはシングル仕様

サムスンの次期フラッグシップモデル、Galaxy S9。

早ければ1月のCESで関係者だけに「限定公開」するという情報もありますが、この次期Galaxyモデルの鮮明なレンダリング画像がリークされていました。

Galaxy S9↓

以前の情報どおり、指紋認証センサーは中央に。これだけで随分まとまったデザインに見えます。

全体的な雰囲気はGalaxy S8から大きな変化はありませんが、個人的にはかなり洗練され、良い意味で「サムスンっぽさ」がなくなっているように思えます。

なお、このGalaxy S9は5.65インチでサイズは147.6 x 68.7 x 8.4mmとのこと。

Galaxy S8が5.8インチの148.9 x 68.1 x 8 mmだったのでやはりディスプレイは若干小さく、また厚みも増すということになります。

また、下部ベゼルについてはS8から0.1mmほど細くなる模様です。

そして以下はGalaxy S9+↓

このGalaxy S9+、ディスプレイサイズは6.1インチ、サイズは157.7 x 73.8 x 8.5 mm とのこと。

S9同様、6.2インチ+159.5 x 73.4 x 8.1 mmのGalaxy S8+よりも若干小さく、分厚くなるようですね。

なお、公式発表前のXperia XZ1やXperia XZ1 Compactなどで覚えている方も多いとは思いますが、@OnLeaksからのレンダリング画像は非常に正確なことで知られており、表面の微妙な加工などを除いて、実物と違っている部分はほぼありません。

よって今回のGalaxy S9、Galaxy S9+のレンダリング画像もほぼ公式なものとみて間違いないと思われます。

ちなみに当初はデュアル仕様になると言われていたGalaxy S9シリーズですが、最近の情報ではデュアルカメラが搭載されるのはGalaxy S9+のみとのこと。

よって、今回のGalaxy S9はこれを裏付けるものとなっています。