Galaxy S8のカメラ評価は前モデルから「進化なし」、XZ以上、X Performanceと同点。

サムスンの最新フラッグシップモデル、Galaxy S8のDXOMarkでのカメラ評価がでていました。

201705151616

スコアは88ポイントと現行トップのPixel/Pixel XLの89ポイントには届かず。

また、このスコアは前モデルのGalaxy S7/S7 EdgeやXperia X Pefromanceと同点ということになります。
(ちなみにXperia XZのカメラはなぜかX Performanceより1ポイント低い87ポイント)

Galaxy S8のカメラ評価の内訳は:201705151605

一方、以下はGalaxy S7 Edgeの評価内訳:

201705151606

静止画も動画総合スコアは同じですが、興味深いのは「ノイズ」。

写真ではGalaxy S8はS7 Edgeに比べてノイズがかなり軽減されている一方で、動画撮影では大幅にノイズ問題が悪化しています。

一長一短があるようですが、Galaxy S7/S7 Edge→Galaxy S8/S8+でカメラ性能における大きな変化・進化は期待しないほうが良さそうです。

ただまあ、これはGalaxyに限ったことではなく、ここ最近のハイエンドモデルのカメラはかなりの部分まで進化しきっているという感じで、性能アップのスピードが鈍化してきているという印象を受けます。

そういった意味では今後レビューが掲載されるXperia XZ Premiumなどでも大幅なスコアアップはないかもしれませんね。

ソース