Galaxy S7 Edgeのカメラ評価は前モデルのS6に敗北。ブラインドテストでXperia Z5が圧勝。

ソニーの現行フラッグシップ・モデルの「Xperia Z5」のカメラ。

画像の一部がボヤける、ボケるといった問題も指摘され、売りだったカメラ性能の評価はイマイチな部分もありますが、全体的な評価としてはかなり高いようです。

Android PITが読者を対象に行なったブラインドテストで明らかになったもので、比較機種はXperia Z5、iPhone 6s、Galaxy S6、Galaxy S7、Xiaomi Mi5

A201604052125

B201604052126

C201604052126

D201604052127

E201604052128

この建物の写真以外にも、複数の同じシーンで撮影した比較がこちらにあります。

みなさんはどの画像が一番きれいに撮れていると思いますが?

ちなみに、A~Eの機種及び比較評価の結果は:

A: Xiaomi Mi 5 – 6%
B: Sony Xperia Z5 – 41%
C: Apple iPhone 6S – 20%
D: Samsung Galaxy S7 Edge – 14% 
E: Samsung Galaxy S6 Edge – 19%

ご覧のように、Xperia Z5の評価が圧倒的で、2位のiPhone 6sに倍以上の差をつけています。

一方、意外だったのはカメラ性能の前評判が非常に良かったGalaxy S7 Edge。

順位では4位と、前モデルのGalaxy S6 Edgeよりも低い評価となっています。

以前、DXOMarkによる評価ではGalaxy S7のカメラが僅差ながらXperia Z5を超えたという件についてお伝えしましたが、今回のこのユーザー評価とはずいぶんと大きな違いがあります。

レビューサイトの評価と一般ユーザーの目による評価は必ずしも一致しないという良い例だと思います。

コメント

  1. 名無し より:

    元々SONYはテレビもそうだけど、青みを強めに入る仕様。
    空や海は綺麗に映るのを前程にしてるから当たり前の結果だと思うが・・・
    Galaxyは色加工を極力入れずに自然な色合いで取れるって言うのが前程。
    昼間、夜間等いくつかのシーンでの確認をしてるのがDXOMark。
    夜景とかの比較をしたらブラインドは全く異なる結果になりますよ