Galaxy S6/S6 Edgeでもメモリーリーク問題が存在-サムスンは修正を約束

201504301438
Android 5.0のリリース以来、最新の5.1でも完治せず、依然として問題となっているメモリーリーク問題。
具体的には、メモリの使用量が逼迫し、いくつかのアプリがすぐに終了してしまったり、動きが異常にもたつくという症状で、ネクサス5などを中心に複数の報告が挙がっています。

先日ドコモからGalaxy S6 SO-05GやGalaxy S6 Edge SO-04G、Galaxy S6 edge SCV31が発売されましたが、これらの機種でもこのメモリーリーク問題が存在するようです。
Android Communityが伝えたもので、これによると、XDAを中心に、Galaxy S6やS6 EdgeのRAMマネージメントに問題があるとの指摘の声が複数挙がっているとのこと。

症状をみてみると、Android 5.0、5.1以降のNexus 5やNexus 7の症状と酷似していることから、おそらく、OS起因の問題ではないかと思います。

ただ、この件について、英国サムスンがTwitter上でコメント。

Screenshot_2015-04-28-14-38-32-236x420

「現在、端末のパフォーマンスに関する問題に関連してマイクロ・アップデートを準備中」とのことなので、少なくとも、サムスン側もこの問題について認識しており、改善に向けて動いていることは確かなようです。