Galaxy Note 8で”また”バッテリー不具合?電池残量が0%になると充電できず文鎮化報告

サムスンが今秋にリリースしたGalaxy Note 8。

国内でもドコモとauの冬モデルとしてリリースされ、かなり強気の価格設定ながらそこそこの人気は出ている模様ですね。

ただこのGalaxy Note 8、海外でちょっと気になるバッテリーもしくは充電周りの不具合報告が挙がっています。

具体的にはバッテリー残量が0%になって電源が落ちると、充電ができなくなり電源をオンにできなくなる、というもの。

また、この症状が発症するとどれだけ充電器に繋いでいても電源ボタン+ボリュームボタン長押しといったいわゆるソフトリセットも効かないとのこと。

つまり充電器が認識されず、充電ができないという状態なので、一旦バッテリーが空になると事実上の文鎮化ということになります。

公式フォーラムや他のサイトでも複数の症例が挙がっており、メディアも取り上げ始めている模様。

バッテリー残量が0%になる際に何らかのソフト/ハード的な不具合が発生するのか、逆に充電ができないからバッテリー残量が0%になるのか、因果関係ははっきりとは分かりません。

ただ、いずれにせよ充電/バッテリー周りに何らかの不具合が広範囲で発生していることは事実です。

もちろん、仮にバッテリー不良であっても発火するような危険はないと思われます。

ただ、それでも去年の事件が事件だけに敏感になってるユーザーも多いと思われるので、サムスンには迅速な対応を期待したいところです。

ちなみにこの問題、今のところ国内版Note 8での報告は見当たりません。

ただ、一部の海外ユーザーによるとこの問題は11月頃に提供された何らかのアップデートが原因となっているという報告もあるので、国内版でもキャリアのファームウェアアップデートなどをきっかけに症状が発生しだす可能性もあるので要注意です。

コメント

  1. Y より:

    Galaxy Note8もですか!
    UMIDIGI Crystalと全く同じ現象で驚きました。
    11月の末に公開されたパッチをDLして以降に充電不可の文鎮化に。
    この現象は一部だけで起きているのか、どこで騒がれることもなくメーカーも販売元も認めていません。
    送料自己負担で、もしかしたら修理代も自己負担になるとBanggoodから言われ私自身も文鎮化してしまいました…。