Galaxy Note 7、ディスプレイの湾曲エッジが確定。エッジに「書く」ことも可能に。ティザー画像から

201606130910

サムスンの次期フラッグシップモデル、「Galaxy Note 7」。

早ければ8月中にも発表・リリースされると言われているこの新型Note。以前より、Galaxy S7 Edgeのようにディスプレイ両側面がカーブした「エッジ」タイプになる可能性が高いと指摘されています。

そして今回、サムスンの公式ティザーからこのGalaxy Note 7には「エッジディスプレイ」が搭載されることが確認されました。

「Write on Edge of Something Great」というキャッチコピー。「Edge」というワードがある時点で湾曲ディスプレイであることは間違いないと言えます。

また、「Write on Edge」(おそらく「right on the edge」をかけているのだとおもわれます)という表現とスタイラスペンから、この湾曲部分になにか書き込むことができる仕様になると思われます。

このNote 7、気になるのは日本国内での発売予定。

兄弟機のGalaxy S7 Edgeはサムスン機種としては久しぶりに国内で売れているという印象をうけます。

よって、この調子ならばGalaxy Note 7もドコモなど、国内キャリアから秋・冬モデルとしてリリースされる可能性はかなり高いと思います。