Facebook、アプリを意図的にクラッシュさせ「忠誠度」実験を行っていたことが判明。脱Googleへの準備

201601041654

Android版のFacebookアプリでちょっと信じられない「実験」を行っていたことが明らかになったようです。

The Vergeがつたえたもので、これによると、Facebookは一部のAndroid版プリを意図的に一定期間連続でクラッシュ(強制終了)させ、ユーザーのアプリに対する「忠誠度」のテストを行っていたとのこと。

しかも、この実験は場合によって「years」、つまり何年間も続いたケースもあるようです。

どの程度の規模でいつ行われたのかなどは明らかにされていませんが、この実験に関わった人物によると、この度重なるアプリのクラッシュにも関わらず、ユーザーは「戻ってくることを辞めなかった」とのこと。

なお、この実験はFacebookが将来的にGoogleとの間で何らかの「利害対立」が発生した際に、Google Playストアから撤退する可能性を考慮してのものだとのこと。

つまり、仮にFacebookがPlayストアで提供されなくなった場合にユーザーがどの程度付いてくるのか?という実験的な意味があったようです。

にわかに信じがたい情報ですが、大手メディアのThe Vergeが伝えているという点からして、全く根も葉もない噂というわけではなさそうです。

これ、事実だとしたら怒るユーザーも出てきそうで、ユーザーの「忠誠度」が下がってしまいそうですが、その発想にちょっと関心もします。

国内でアプリが「落ちる」と言えばLINE(特にiOS版)がアップデート発生する開かない、落ちるという不具合が非常に有名ですが、まさかここも同じように「忠誠度実験」でも行っているのでしょうか・・・