ドコモ、Android 8.0へのアップデート予定機種を発表、Xperia Z5などは対象外に

201710180852

本日2017-2018冬春モデルを発表したドコモですが、これと同時に最新Android OS、Android 8.0 Oreoへのアップデートが提供される機種のリストを掲載していました。

Android 8.0バージョンアップが提供されるドコモのスマートフォン+タブレット:

Xperia
Xperia X Performance SO-04H
Xperia XZ SO-01J
Xperia X Compact SO-02J
Xperia XZs SO-03J
Xperia XZ Premium SO-04J

Galaxy
Galaxy S7 edge SC-02H
Galaxy S8 SC-02J
Galaxy S8+ SC-03J
Galaxy Feel SC-04J
Galaxy Note8 SC-01K

LG
V20 PRO L-01J

AQUOS
AQUOS ZETA SH-04H
AQUOS EVER SH-02J
AQUOS R SH-03J
AQUOS sense SH-01K

arrows
arrows NX F-01J
arrows NX F-01K
arrows Tab F-02K

その他
M Z-01K
dtab d-01K
MONO MO-01J

auのスマートフォンも先日の冬モデルの発表と同時にAndroid 8.0アプデ対象機種を発表していましたが、提供対象となるモデルの世代はほぼ同一ですね。

ただ、気になるのは本日発表された冬モデルでもM Z-01K、Disney Mobile on docomo DM-01K、らくらくスマートフォン me F-03Kなどはアプデ対象機種に入っていません。

もちろん、あとで追加されることも多々あるので、この現時点で対象リストにない=アプデ対象ではない、ということにはなりません。

ただ、同じAndroid 7.1搭載でリリースされる冬モデル機種でもすでにリストに入っているものもあるので、その点はちょっと気になります。

また、冬モデル以外で発売1年以内にも関わらずアップデート対象から外れているのは:

Disney Mobile on docomo DM-01J
arrows Be F-05J 
MONO MO-01J 
らくらくスマートフォン4 F-04J 

なお、アップデートの提供時期によってはAndroid 8.0を飛ばしてそれよりも新しいバージョン、つまりAndroid 8.0.1やAndroid 8.1などが直接提供される可能性もあるとのことです。