ドコモのXperia Z5、Z5C、Z5Pに一斉アプデ提供開始。勝手に再起動問題、タッチ不具合の改善など。

201512142015

先ほど、ドコモのXperia Z5 SO-01H、Xperia Z5 Compact SO-02H、Xperia Z5 Premium SO-03Hの3機種向けにファームウェア・アップデートの提供が開始されました。

各モデルとも、アップデートは11月に続き2度目。

ビルド番号はZ5 SO-01HおよびSO-03向けが「32.0.B.0.443」、Z5 Compact SO-02H向けが「32.0.B.0.447」となっています。

改善される事象としては、いずれのモデルも「特定の環境下において、ごくまれに電源が再起動する場合がある」とされています。

ただ、Z5 Compactだけはこの他に「下記以外にも、タッチパネルの感度向上などより快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。」との記述があるので、これは恐らくZ5Cのホワイトで発生している画面下部がタッチ反応しない、反応が鈍いといった不具合の修正だと思われます。

再起動不具合とタッチ不具合はどちらも非常に発生範囲が広く報告されていた問題なので、これに割と早く対応してくれた、という点で評価はできます。