ドコモのXperia Z5シリーズ、最新アプデ後に発熱や異常バッテリー消費の報告。「メディア」の暴走が原因か

201604260926

4月19日にドコモのXperia Z5 SO-01H、Z5 Compact SO-02H、Z5 Premium SO-03H向けに提供されたファームウェア・アップデート。

この最新アップデートの適用後、端末が異常に発熱する、バッテリーの減りが異常に早くなったという報告が複数挙がっています。

同様の報告は価格.comのSO-02Hスレ、SO-03Hスレでも挙がっています。

また、2chではバッテリー消費の内訳をみると「メディア」が暴走しているという報告も散見され、その正体がGoogleマップという指摘もありますが、断定は難しい模様。

一方、ご存知のように、今回のアップデートでは先月のAndroid 6.0アップデートで一時的に削除されたスタミナモードが復活しています。

これとのはっきりとした因果関係は不明ですが、どうもこのSTAMINAモードをオフにしている状態だと異常な発熱・電池消費が発生する模様。

また、一部の報告では初期化を行うと一時的には症状が収まるものの、しばらくするとまた再発するようなので、今のところ根本的な改善方法はないようですね。