Xperia Z5 Premium SO-03のバッテリー持ちはZ5シリーズで「最悪」? Z5やZ5Cよりも使用時間が短いことが判明

201511170929

本日、発売日が11月20日に確定したドコモのXperia Z5 Premium SO-03H。

これと同時にバッテリー持ちについての詳細情報も公開されました。

以下がXperia Z5 Premium SO-03Hおよび、兄弟機種のXperia Z5 SO-01H、Xperia Z5 SO-02H Compactとの電池持ち比較:

実使用時間連続待受時間(LTE)連続通話時間 (LTE)バッテリー容量
Xperia Z5 Premium SO-03H77時間490時間1330分3430mAh
Xperia Z5 SO-01H77.4時間410時間1160分2900mAh
Xperia Z5 Compact SO-02H85.6時間400時間1080分2700mAh

Z5Pの連続通話時間と待受時間は、ほぼピッタリとバッテリー容量の差と比例してZ5よりも2割ほど長くなっています。

一方、実使用時間についてはZ5Cよりも9時間近く、対Z5比でも若干短くなっています

この実使用時間にはおそらく一部のソニー純正アプリのみで動作する4K表示は含まれていないと思われます。

よって、Z5とZ5Pの電力消費の差は単純に0.3インチのディスプレイサイズの違いによるもの、と思われます。

つまりは、0,3インチの違いがバッテリー容量の差を上回るほどの電池消費差になる、ということ。

確かに、以前海外版で行われた比較でも、Z5とZ5Pのバッテリー持ちはほぼ同等という結果が出ていました。

少なくとも今回のZ5シリーズはバッテリー大容量=バッテリー持ちが長い、ということはなく、これで4K動画なんて再生した日にはさらに体感レベルでの電池消費が早くなりそうですね。