ドコモ2017年夏モデルのバッテリー持ち比較まとめ、Galaxy Feelがダントツ、Galaxy3兄弟が上位独占

201705241250

昨日発表されたドコモの2017年夏モデル・ラインナップ。

昨年夏モデルに比べて魅力的な機種が揃っているという印象ですが、スペックもさながら、なんだかんだ言って気になるのはやはり電池持ち。

というわけで、今回はこれら夏モデルのスペック上のバッテリー持ちを一覧表にまとめてみました。

機種名電池持ち時間ディスプレイサイズバッテリー容量 (mAh)CPU
Xperia XZ Premium SO-04J1055.53230S835
Xperia XZs SO-03J955.22900S820
Galaxy S8 SC-02J1155.83000S835
Galaxy S8+ SC-03J1356.23500S835
Galaxy Feel SC-04J1704.73000Exynos 7870
arrows Be F-05J1055.02580S410
AQUOS R SH-03J未定5.33160S835

ここで言う「電池持ち時間」はドコモ独自の測定方法によるものなので、実使用でこれだけ電池が持つという訳ではありません。

ただ、機種間の相対比較では十分参考になると思います。

夏モデルの中でダントツのバッテリー持ち時間を誇るのはGalaxy Feel SC-04J。170時間というのはスゴいですね。

確かに4.7インチでバッテリーを3000mAh搭載という機種はあまり見かけませんし、さらにHDというのもかなり省電力に寄与していると思われます。

また、このGalaxy Feelはミッドレンジ向けのExynos 7870を搭載していますが、こちらを見る限りベンチマークスコアは決して低くはなく、クアルコム製チップでいうSnapdragon 625程度の性能はありそうですね。

ざっと見ただけなので確信はありませんが、ドコモ機種の電池持ち測定方法が現在のものになった2015年以降のスマホでは最長のバッテリー持ちではないでしょうか。

正直、発表前はノーマークの機種でしたが、このGalaxy Feel、バッテリー持ち最優先という方にはかなり魅力的な機種になりそうですね。

また、Galaxy s8/S8+の電池持ちもかなりのもので、夏モデル7機種のうち上位3位をGalaxyシリーズが独占状態です。

昨日、Xperia XZ Premium SO-04Jのバッテリー持ちについてはZ5 Premiumの約1.5倍、おそらくXperiaフラッグシップの中でも最長レベルとお伝えしましたが、こうやってGalaxyと比べてしまうと大きく見劣りしますね。

関連記事:ドコモ版のXperia XZ Premium SO-04Jには新色レッドが存在することが判明