Galaxy S6 Edgeの国内版、間もなくAndroid 7.0アプデ提供の模様。ドコモ版、au版、SB版が一斉WiFi認証通過

サムスンの1世代前のフラッグシップモデル、Galaxy S6 Edgeの国内版に間もなくAndroid 7.0アップデートが提供されそうです。

Galaxy S6 Edgeはドコモ版がSC-04G、au版がSCV31、ソフトバンク版が404SCです。

201701241046

201701241047

いずれのモデルも他の海外版Galaxy S6/S6 Edgeと同じ1月24日付けでAndroid 7.0を搭載してWiFi認証を通過しています。

ちなみに現行最新モデルのGalaxy S7 Edgeについては海外の一部ではすでにAndroid 7.0アップデートが提供されています。

ただ、国内版Galaxy S7 Edgeに関してはドコモ版SC-02Hとau版SCV33が昨年末にAndroid 7.0を搭載してWiFi認証を通過していますが、まだOTAアップデートは提供されていません。

よって、単純に時間差だけで考えると、国内版Galaxy S7 Edgeにすぐにアプデが始まったとしても、国内版Galaxy S6 Edgeのヌガー・アップデートはあと1ヶ月位はかかるかもしれませんね。