最近、電池消費が異常に早い?Google Play開発者サービスの最新アップデートが原因の可能性大

201510251916

ここ数日、Androidスマートフォンの複数ユーザーより、バッテリーの減りが異常に早いという報告を頻繁に見かけます。

このバッテリー異常消費、電力消費の内訳をみると「Google Play開発者サービス」が全体の20-40%程度を占めている場合が多く、どうやら犯人は10月20日に提供されたこの「Googleplay開発者サービス」の最新アップデートが犯人のようです。

https://twitter.com/toshitaka12/status/658129224931258372

Google Play開発者サービスがアップデート後に暴走し異常電池消費やエラーメッセージを出してのアプリ落ちの原因になる、というケースは過去にも何度かあり、珍しいことではありません。

そのため、このこ異常電池消費を改善する対処策もあり手順は:

「設定」アプリ→「Google Play開発者サービス」から:

・データの削除
・キャッシュの削除
・アップデートのアンインストール

を行うことで問題は解消する模様。

ちなみに、この症状、Xperia Z3を中心とするエクスペリアシリーズでの報告が多いという印象を受けますが、多分、これは単にユーザー数が多いためだと思われ、おそらく機種を問わず発生していると思われます。

ここ数日で急にバッテリー消費が激しくなったとお悩みの方、ぜひ一度お試しください。