iOS 9.3、アップデート後にバッテリー消費が早くなった・充電が遅くなったとの報告

201603261251先日アップデートが提供されたiOS 9.3。

一部のiPhone、iPadでアップデート後にアクティベーションができず「ソフト文鎮化」するというトラブルがありますが、それ以外にはアプデ後に特に致命的な不具合もなく、全体としては安定したiOSバージョンのようですね。

ただ、バッテリー・充電まわりについては評価がイマイチ。

アップデート後にバッテリーの減りが早くなったといった報告や、充電が遅くなったという報告が多数挙がっています。

https://twitter.com/yn77_k908/status/712188611244871680

https://twitter.com/0701Anju/status/712855710162362368

一方、少数派ですがアプデ後に「バッテリーの減りが緩やかになった」という報告があるのも事実。

これ、どちらもひょっとすると今回のアップデートでのバッテリー残量バグの修正が関係しているかもしれません。

というのも、iOS 9.2.1以前のiOSではバッテリー残量が10%単位で突然大きく減ったり、充電器に繋いだだけで短時間で一気に残量が増えるといったバッテリー残量表示の不具合が確認されていました。

この問題、今回のiOS 9.3で修正がされているようで、ユーザーによっては今まで中々変わらなかった電池残量がこまめに変化するようになったため「バッテリーの減りが早い」と感じたり、逆にバッテリー残量が一気にではなく、少しずつ増えていく為に「充電速度が遅い」と感じている可能性もあります。

よって、実際の消費電力が増えた、あるいは充電が遅くなったかの判斷は難しいところですが、すくなくとも全体的な体感レベルではこのiOS 9.3アップデート、バッテリー全般の評価にポジティブな変化はないようですね。

コメント

  1. A77777 より:

    iOSのアプデは良い話をあまり聞かないんだよな…
    この先が不安