au版Xperia X Performance、最新アプデ後に「スクリーンショットシェア」が使えなくなったとの不満多数

201611021100

Xperia X Performaceで広範囲に発生していた画面が回転しない、あるいは各種センサーが動作しないという不具合。

au版SOV33も例外ではなく、先日、ドコモ版より数日遅れて修正アップデートが提供されました。

ところがこのアプデ、センサー周りの不具合は解消されたようですが、思わぬ「副作用」が出ているようです。

具体的には「スクリーンショットシェア」というアプリが使用できなくなるというもの。

https://twitter.com/yoshihi_ko/status/793643314671071232

「スクリーンショットシェア」アプリはau独自の機能で画面を片手でスライドするだけでスクリーンショットが撮影できるというもの。

(Androidのデフォルトのスクリーンショットは電源ボタンと音量ボタンを同時に押す必要があるため両手操作が必須です)

また、無音でのスクショ撮りやそのスクリーンショットを簡単に編集できることなどから結構愛用しているユーザーも多いようですね。

しかも、このアプリ、使用不可になっているくせにアンインストールはできないという状態で、まさにこれこそなんの意味もない「ゴミアプリ化」しているようです。

画面が回転しなかったりセンサーがほぼ全滅状態になるよりはマシかもしれませんが、今回のアップデート、思わぬトレードオフがあったようですね。

コメント

  1. anonymous より:

    Xperia X Performanceだけじゃない。
    isai vividやHTC 10もアップデートでスクリーンショットシェアは使用不可になっている。
    OSのセキュリティーアップデートによるものだから致し方ない。

    以後発売されるXperia XZやisai Beatは最小からプリインストールされていない。