Galaxy S9/S9+、auからも夏モデルとしてリリースがほぼ確定、SCV38の存在が確認

先日サムスンが正式発表されたGalaxy S9およびGalaxy S9+。

この最新Galaxyシリーズのau版にあたる機種がGFXbench上で発見されました。

まだ「未分類」に属するデータベース上のものなので、スペックなどの情報をみることはできません。

ただ、auの最新GalaxyはGalaxy Note 8のSCV37なので、これに続く型番としてGalaxy S9シリーズであることは間違いないでしょう。

一方、Galaxy S8シリーズなどではS8がSCV36、S8_がSCV35とドコモ版とは型番の順番が逆転しているケースもあるので、今回のSCV38がGalaxy S9に該当するのか、Galaxy S9+に該当するのかは不明。

先日、PHONEDB上でドコモ版Galaxy S9のが掲載され、リリースがほぼ確実となりましたが、au版も今回の情報で存在がほぼ確実になったといえると思います。

ただ、昨年のS8シリーズと比べると国内キャリア版の型番が出てくる時期がちょっと早いような気もします。

ひょっとすると夏モデルの発表を待たずに単発リリースなんてこともあるのかもしれませんね。

追記:先程、Geekbench上でもSCV38の存在が確認されました。

Galaxy S9シリーズではS9が4GB、S9+が6GB RAMですが、今回のベンチスコアでは4GB RAM。

よって、このSCV38はGalaxy S9である可能性が高いと思われます。

コメント

  1. あのにます より:

    auからはGalaxy S9+のみで、S9はリリースされないかもしれません。