もう一つの2018年版Zenfone 5、Asus Zenfone 5 Maxの存在が判明

先日のMWC 2018でAsus Zenfone 5、Zenfone 5z、Zenfone 5 Liteの3モデルを正式発表したASUSですが、これら以外にも未発表のZenfone 5シリーズに属するモデルが存在することが明らかになりました。

ASUS_X00QDという型番でCPUにはSnapdragon 660を搭載。

Zenfone 5zはSD845、Zenfone 5はSD636、Zenfone 5 LiteはSD430もしくはSD630搭載なので、これらのどれにも当てはまらない機種であることは確か。

ソース記事によるとこのモデルはAsus Zenfone 5 Maxに相当するとのことですが、この型番がZenfone 5 Maxであるという根拠は不明。、

一方、このASUS_X00QDという型番は1月にWiFi認証を通過しており、WiFiがac対応であることから、ミッドレンジ以上の機種になることは確かだと思われます。

ちなみに前シリーズのAsus Zenfone 4シリーズの場合、国内では何気にZenfone 4 Maxが一番売れ筋といった感じ。

そう考えるとZenfone 5シリーズで逆に”Max”がリリースされない可能性の方が低いのかもしれませんね。

ソース

追記:そう言えば、Snapdragon 630搭載のXperia XA2シリーズがGeekbench上ではSnapdragon 660と搭載されている不思議な事象が確認されています。

よって、この謎のZenfoneに搭載のCPUもしS660と表示されているだけで実際はS630搭載、そして正体はZenfone 5 Liteという可能性もあります。