Asus Zenfone 3 (無印)と「Ultra」の実力差は?S625と652のAntutu・Geekbenchスコア比較

先日「Laser」と「Max」が発表され、最低でも5モデルのラインナップとなることが確定しているAsus Zenfone 3シリーズ。

ご存知のようにAsus Zenfone 3 (無印)とZenfone 3 Ultraのサイズ以外の最大の違いはCPUチップです。

Zenfone3にはSnapdragon 625、Zenfone 3 UltraにはSnapdragon 652が搭載されています。

ただ、両チップともまだ比較的新しいチップのため、両モデルの実力差については未知数。

そんな中、Gizmode Chinaが両チップのAntutuおよびGeekbenchでのスコア比較を行っていました。

S625の測定に使われたのはサムスンの新型ミッドレンジモデル「Galaxy C7」、S652の測定に使われたのは「OPPO R9 Plus」。

Snapdragon 825のベンチマークスコア

201607161953

Snapdragon 852のベンチマークスコア

201607161954

Antutuでは3割程度、Geekbench(マルチコア)では1割程度のスコア差ですね。

ただ、同じCPUチップでも実際の性能チューニングによって異なることはよくあります。

実際、以前お伝えしたプロトタイプのものと思われるZenfone 3 UltraのGeekbenchのスコアは4000台前半となっており、これは製品版で5000台を出しているZenfone 3よりも低いパフォーマンス。

よって、最終的な実力の差はUltraが正式発売されるまで待つ必要がありそうですね。

コメント

  1. 名無しのプログラマー より:

    625,652

  2. s より:

    Snapdragon 825とかSnapdragon 852ってもう出てるの?
    上の表示おかしくない?w