日本版Asus Zenfone 3のボッタクリぶりが一目瞭然な価格比較表

本日、日本版の価格と一部発売日が発表されたAsus Zenfone 3シリーズ。

201609280941

現在のところ国内発売が確定しているのは:

・Asus Zenfone 3 ZE520KL (5.2インチ)→価格:3万9800円、発売日:10月7日
・Asus ZenFone 3 Deluxe ZS550KL (5.5インチ)→価格:5万5800円、発売日:10月下旬
・Asus ZenFone 3 Deluxe ZS570KL (S821,256GB, 6GB RAM)→価格:8万9800円、発売日:不明

ですが、価格についてはかなりガッカリしているユーザーも多いようですね。

というわけで今回はこの国内版Zenfone 3の日本価格と他の国・地域での価格との一覧表を作ってみました。

Zenfone 3 ZE520KL 5.2インチZenFone 3 Deluxe ZS550KL 5.5インチZenFone 3 Deluxe ZS570KL (S821)
日本3.98万円5.58万円8.98万円
台湾2.57万円8.03万円
シンガポール2.94万円8.78万円
香港3.11万円
フィリピン3.55万円9.39万円
マレーシア3.29万円8.03万円
インドネシア3.18万円4.73万円8.60万円
ベトナム3.21万円8.37万円
タイ3.49万円8.43万円

海外版の価格はそれぞれの国の通貨を今日のレートで日本円換算したものです。

やはり、無印Zenfone 3のボッタクリぶりが目につきますね。

無印の日本価格は最安値の台湾の1.5倍、そして2番目に高いフィリピンとくらべても日本は1割以上高くなっています

一方、興味深いのは最上位機種のS821搭載Deluxe。こちらは価格差が大体1割前後に収まってており、日本価格は「最高値」ではありません。

なお、Deluxe ZS550KL 5.5インチに関しては今のところ発売が確定している国が少ないのでまだなんとも言えませんね。

こうみると、Asusはそもそも無印Zenfone3を国内で売る気がないようにすら思えます。

また、日本でも一番需要があると思われる5.5インチの無印Zenfone 3はリリースせず、代わりにDeluxeの5.5インチ版を投入。

この点からも同社が国内ではハイエンドよりにターゲットを絞っていることが伺えますね。

コメント

  1. Shiho より:

    こんばんわ。
    無印の価格はたしかに大不評みたいでYouTubeの低評価も凄いことなってますね。
    散々待ちに待って多少は高くなると皆わかってはいたんでしょうけど、想像の上をいく価格帯だったのでしょう。
    この不評を受けて価格改定とかしてくれたら嬉しいのでしょうけど流石にそれはないでしょうね。

    ところでDeluxeの最上位モデルについてですが、このモデルだけauのVoLTEに対応していないという情報は本当なのでしょうか?
    他に記事にしているところでもそのようなところまで書いてるところばかりではないようですし、最上位モデルが気になってるau持ちとしてはガッカリなのですが。
    発表会でのスクリーンにも全モデル対応となっていたとおもいますし、※印で小さく説明が書かれていたわけでもなかったとおもうのですが。

    もし本当に対応していないのだとしたら原因はSnapdragon821が関係しているのでしょうか?
    GOのようにアップデートで対応する(できる)のならまだいいのですけど。

  2. A77777 より:

    この上乗せ分は何なんだ?
    上乗せの理由や目的くらい示すべきだろ

  3. ちはや より:

    台湾は内税と聞きましたが日本価格は税別だと思います。税込の比較の方が良いのでは?