Asus Zenfone2、Zenfone Max、Zenfone GoなどでSIMカードが認識されない場合の対処法

201605091001

ここ最近、Asus Zenfone MaxやZenfone Goのユーザーから「SIMカードが認識されない」というトラブル報告が度々挙がっています。

この不具合、ちょっと調べてみたところ、「Asus Zenfone2」や「Zenfone Laser」、ちょっと古いZenfone 5などでも類似症状が複数挙がっていることが判明。

具体的には再起動や寝ている間など、SIMカードがちゃんと挿入されているはずなのに「SIMカードが挿入されていません」、「SIMなし」といったポップアップメセージが表示される現象です。

当然この状態ではデータ通信はおろか通話もできないので、知らない間に発生してたりするとかなり厄介です。

単純なSIMカードの不良が原因である場合もあるようですが、それにしてはZenfoneシリーズに報告が集中しています。

というわけで、Zenfoneシリーズで多いこの「SIMカード認識しない」問題、ちょっと調べてみたところ、どうやらZenfoneシリーズ共通のSIMカード・スロットに原因があるのでは?という仮説にたどり着きました。

ご存じの方も多いと思いますが、Zenfone機種ではSIMカードは裏蓋を開けたところにあるスロットにスライド式に挿入する形式。

ここに「カチッ」と音がするまでSIMカードを入れる仕様なのですが、Zenfoneの場合、そこでSIMが抜けないように完全に「固定」されるわけではない模様。

SIMを取り出す際は一旦さらに押しこむことで外に出てくるのですが、このタイプのスロットは押し込まずともツメなどでスロットの穴をグリグリするとSIMを引っ張りだすことが可能です。

あくまで私見ですが、このAsus Zenfoneシリーズの「SIMカードが認識しない」問題の大半はこの部分にあるのではないかと思います。

というのも、このタイプのSIMスロットだと、使っている間の振動などによって少しずつSIMカードがずれてきて、接触不良となり、結果的に「SIMカードが挿入されていません」となってしまうケースが多いように思えます。

よって、この問題の対処・改善方法としては非常に原始的なのですが、セロテープを貼ってでシムを軽く固定する、というもの。

やり方としては、セロテープを1.5cmくらいに切って、SIMカードとスロット、本体にちょっとずつ引っ付くように貼るだけです。

201605090958

場合によっては貼る前に一度、SIMカードの接続部分をやわらか布などできれいにした方がいいかもしれません。

また、上の写真はZenfone2のものですが、機種によってスロットの場所は違います。

この問題、実は以前、私のAsus Zenfone2 (WW版)でも頻繁に発生したことがあり困った記憶がありますが、この方法でSIMカード固定してから一度も「SIMカードが挿入されていません」メッセージは出ていません。

効果がなければテープを剥がすだけのことなので、お困りの方は修理・返品を考える前に一度お試しください。

コメント

  1. Takanobu Miyama より:

    SIM1とSIM2の各スロットの小窓から見える6つの端子の接触状態で症状が異なるようです。メーカーがこのルーズな接触の軽減策として裏カバーの中央下部付近に15×3mm位の樹脂パットを15mm間隔に並行に貼ったように思います初めから接触不良が危惧されながら製品化されたリコール対象もどきですね。