Asus Zenfone2の福袋事件、異例の返品・返金対応か。「販売実績のない商品」で二重価格表示違反の可能性

昨年末から年始にかけてAsusが販売した福袋キャンペーン。

現在はすでに終了していますが、この中身についてちょっとした騒動が起きているようです。

201601221105

概要:

・3万8000円相当の商品の入った福袋を24,800円で販売
・内容はAsus Zenfone、Zenfoneアクセサリ、非売品グッズ等

経緯:

・実際に福袋に入っていたZenfone2は8GBのもの。
・その為、ユーザーから不満が続出
・箱のラベルが2重張りしてあることが判明し、楽天版Asus Zenf (8GB)one2の横流しとの疑惑

Asus側の説明:

・福袋に入っている8GBモデルは楽天版とはファームウェアが異なるため、「別商品」との認識←ココ重要

「別商品」とした場合の矛盾・問題点:

・ところが、8GBのZenfone2はAsusのネットショップでは販売していない。

販売実績のない商品に価格をつけて「〇〇円相当」とするのは違法

こちらによると、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)の二重価格表示違反(4条1項2号)

・ただし、販売実績のない非売品でも「おまけ」として含めるには問題なし

8GB Zenfone2が「おまけ」だった場合の問題点:

・8GB Zenfone2を「ノベルティーグッズ」とすると、福袋に入っていた商品の価格をどう合算しても「3万8000円相当」にならない

Asusの対応→返品可?

2chのユーザーからの報告では、現在、問い合わせをしたユーザーに対しては「特別」に返品・返金対応をしているとのこと。

あくまでクチコミ情報なので、100%確実ではありませんが、これは福袋としてはかなり異例の対応。

まとめ:

これ、要はAsus側が楽天モデルとは別、としてしまったことが問題かもしれませんね。

開き直って「そうですよ」と言えば、評判はガタ落ちですが、少なくとも法的には問題がなかったような気がします。

まあ、100歩譲って法令云々を置いておいても、あまりにも売り方が汚いですね。

Asusと言えば、国内でSIMフリーメーカーとして確実にその地位を築きつつある有望ブランド。

それだけに、今回の件は信用・信頼をなくすには勿体無い事件。

ちなみにこれ、200セット限定とのことですが、たかだか200人程度の購入者でここまで騒ぎが大きくなるのものでしょうか。

仮に実際に¥38,000の価値があったとして、200袋売っても760万円。

この程度の価値の在庫処分の為に、キャンペーンの一環とはいえ、大企業がこういったことをするにはなにか理由があるのではないでしょうか。

よって、個人的にはこの「限定数」も怪しい気がします。